石井税理士事務所 Facebookページ

 

 

【新着情報】~有意義な税務情報を随時お届けしています~


2019/07/14 メルマガ「3月決算のデメリットとは?」を配信しました。

今回も「会社にお金を残す節税」をテーマにしたメルマガを配信します。

会社にお金を残すために、9つの節税グループのうち
「お金が不要な節税」を優先して始めましょう、という話しをしました。
9つの節税グループとは以下の9つです。

(1)お金が不要な節税
(2)お金が必要な節税
(3)税金そのものを減少させる節税
(4)税金を先送りにする節税
(5)お金を投資する節税(リターンあり)
(6)お金を投資する節税(リターンなし)
(7)お金を消費する節税
(8)当期しか使えない節税
(9)毎期使える節税

前回は事業年度の変更についてのお話しでしたが
今回も事業年度に関連するお話しです。
日本の上場企業は3月決算の会社が多いですが、
中小企業については3月決算にこだわる必要はありません。
むしろデメリットのほうが多いのです。

続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………………



2019/07/16 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月16日公開のニュースは「インターネットカフェと消費税簡易課税・軽減税率」 

私は、個人でインターネットカフェを経営しています。

前々年の消費税課税売上高が1,000万円を超えたため、今年から消費税の課税事業者
となりました(課税事業者となるにあたって、昨年末に消費税簡易課税制度選択届出書を
提出済みです)。 

私の経営するインターネットカフェの料金設定はフリードリンク制で、利用時間に応じて料金
を請求していますが、この場合、消費税簡易課税制度上の事業区分は第何種事業となるの
でしょうか。また、今年10月1日以降に適用すべき消費税率は何%となるのでしょうか。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/07/10 「会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座」を更新しました。

消費税の免税事業者との取引について、消費税が控除できなくなるというのは本当ですか?

 【会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座】

「免税事業者との取引は消費税が控除できなくなる?」

……………………………………………………………………………………………………

2019/07/09 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月9日公開のニュースは皇位継承と相続税・贈与税 

私は税理士となることを目指して、現在、相続税法を勉強中です。

その勉強の中で、相続税法の中に、「皇位とともに皇嗣が受けた物については、相続税の
課税価格に算入しない。」という条文があることを知りました。

一方で、贈与税についてはそのような条文が見当たらないことから、今年5月1日の皇位
継承について、「皇位とともに皇嗣が受けた物」がどのように取り扱われるのかを知りたい
です。教えてください。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/07/02 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月2日公開のニュースは給茶機レンタルと消費税軽減税率」 

私の会社では、来客用および従業員福利厚生用として、2019年10月から給茶機をレンタルする
ことを検討しています。


給茶機レンタルを開始した場合、レンタル業者に毎月その料金を支払うこととなりますが、
2019年10月1日より導入される消費税軽減税率制度において、その料金の各内訳にかかる
消費税率は何%となるのでしょうか。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/06/25 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

6月25日公開のニュースは平成30年度査察事案 告発件数は121件・脱税額は112億円」 

査察は、“悪質な脱税者”に対する税務調査になりますが、この査察に関する平成30年度の概要
が国税庁サイトで公表されました。 
これによれば、着手件数自体は年々右肩下がりになっていますが、告発件数(120件前後)、告発
分の脱税額(110~130億円の範囲内で推移)、1件あたりの脱税額(1億円前後)など、全体の数
値はさほど変わらない印象を受けます。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………


2019/06/25 「旬の特集」を更新しました。

6月25日公開のテーマは「【業種別】夏季賞与1人当たり平均支給額(2018年)」 

ここでは厚生労働省の調査結果(※)から、業種別に事業所規模5~29人と30~99人の事業所
における2018年の夏季賞与について、支給労働者1人平均支給額(以下、1人平均支給額)など
をご紹介します。


詳細はこちら→ 「旬の特集」

……………………………………………………………………………………………………



2019/06/25 「2019年7月のお仕事カレンダー」を更新しました。

7月は、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届のほか、夏季休暇がある場合には、
取引先へ事前にお知らせするとともに、取引先の休暇状況も確認しておきましょう。


「2019年7月のお仕事カレンダー」


……………………………………………………………………………………………………



2019/06/18 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

6月18日公開のニュースは食品添加物の販売と消費税軽減税率」 

当社は食品添加物(炭酸カルシウム)を製造・販売しております。

当社の製造する炭酸カルシウムは食品として販売しておりますが、炭酸カルシウムは、チョーク
の原料や消しゴムの原料としても使用できることから、それらの原料として用いることを目的とし
て、当社から炭酸カルシウムを購入する取引先も存在します。

この場合、今年10月1日以降に当社が行う炭酸カルシウムの販売について適用すべき消費税率
は、何%となるのでしょうか。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………


2019/06/14 メルマガ「事業年度の変更で節税」を配信しました。

今回も「会社にお金を残す節税」をテーマにしたメルマガを配信します。
会社にお金を残すために、9つの節税グループのうち
「お金が不要な節税」を優先して始めましょう、という話しをしました。
9つの節税グループとは以下の9つです。

(1)お金が不要な節税
(2)お金が必要な節税
(3)税金そのものを減少させる節税
(4)税金を先送りにする節税
(5)お金を投資する節税(リターンあり)
(6)お金を投資する節税(リターンなし)
(7)お金を消費する節税
(8)当期しか使えない節税
(9)毎期使える節税

前回までは自社の決算書を見直すという節税についてお話ししました。
自社の決算書(貸借対照表と損益計算書)をチェックして改善すべき
ところがないか検討し、改善することで節税を実行していきます。
この作業には基本的にお金はかかりません。

前回は【損益計算書】の売上について着目しましたが今回も売上に着目します。
法人税の申告書と一緒に提出する【法人事業概況説明書】の月別の売上高
の状況を過去3期分ほど確認してみてください。

続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………………


【バックナンバー(メルマガ・ブログ)】

2019/05/20 メルマガ「決算書のチェックで節税(損益計算書編)」を配信しました。
2019/04/15 メルマガ「決算書のチェックで節税(負債・資本編)」を配信しました。
2019/03/18 メルマガ「決算書のチェックで節税(資産編)」を配信しました。
2019/02/28 メルマガ「節税の優先順位とは?」を配信しました。 
2019/01/21 メルマガ「9つの節税グループとは?」を配信しました。 
2018/12/17 メルマガ「節税の5W1Hとは?」を配信しました。
2018/11/19 メルマガ「会社にお金を残す節税とは?」を配信しました。
2018/08/20 メルマガ「消費税還付スキームの寿命は?」を配信しました。
2018/07/18 メルマガ「露骨な節税は痛い目にあいます」を配信しました。
2018/04/16 メルマガ「毎日の食費が必要経費になる?」を配信しました。
2018/03/19 メルマガ「ふるさと納税が課税される場合とは?」を配信しました。
2018/02/19 メルマガ「領収書を廃棄したら?」を配信しました。
2018/01/13 メルマガ「相続税の有用な改正です」を配信しました。
 
 
                          >>バックナンバー(ブログ・メルマガ)をさらに見る


低料金で充実したサービス内容

市川市法人向け・税務顧問サービス 税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~低料金でありながら、高品質のサービスをご提供します。 設立1期目特典サービス 決算報酬0円 税理士税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~ 設立1期目特典として決算報酬を無料といたしました。 個人事業向け・市川市では高品質の税務顧問サービス 税理士報酬 記帳代行込 月額5,000円~ 個人事業の方も、低料金で高品質の
サービスをご提供します 相続税・贈与税申告、相続手続・相続対策 市川市で相続でお悩みの方、低料金で高品質のサービスをご提供します。

「安いだけのサービスではありません。」高品質なサービス内容一覧

各項目から、詳細をご確認頂けます。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

ありとあらゆる節税対策についての情報を発信するメルマガです。隔週月曜日にお送りします。経営、節税のヒントにお役立て下さい。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』に登録する

 

当事務所のお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ
047-302-8011
受付時間
午前9:00~午後6:00(土日祝祭日対応)



会社設立ひとりでできるもん
 会社設立がネットを利用して簡単にできます。会員登録無料!
合同会社設立ひとりでできるもん 株式会社設立ひとりでできるもん  日本企業支援センター
T-SHIEN  会社設立後のお助け隊 相続対策ナビ

所長プロフィール


税理士 石井 寛 (いしいひろし)

石井所長のFacebookはこちら ↑

過去の記事

携帯サイト


    QRコードを読み取って簡単アクセス