石井税理士事務所 Facebookページ

 

 

【新着情報】~有意義な税務情報を随時お届けしています~

2020/07/28「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月28日公開のニュースは
支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い2

 私は、フリーランスの音楽教室講師として活動しています。
 毎年の所得税の確定申告では、その活動によって得た収入を雑所得として申告
していました。
 さて、このたび、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、講師を務めていた
業務委託先の音楽教室がすべて休業し、収入が大きく減少したことから、持続化
給付金の申請をすることになりました。

 そこでお聞きしたいのですが、私が持続化給付金を受給した場合、その持続化
給付金は所得税法上どのように取り扱われるのでしょうか。
 なお、上記の収入以外の収入はありません。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………

2020/07/25 「2020年8月のお仕事カレンダー」を更新しました。

 今年の夏は、マスク着用や換気など、職場の感染対策を進めながら、熱中症
にも注意する必要があります。政府が作成したガイドラインなどを参考にしな
がら、従業員の健康管理を行っていきましょう。

「2020年8月のお仕事カレンダー」

……………………………………………………………………………………………

2020/07/25 「旬の特集」を更新しました。

2020年(令和2年)3月末に発表された国税庁の統計資料から、事業所得者の
青色事業専従者1人当たり平均給与額をまとめました。

詳細はこちら→「青色事業専従者の1人当たり平均給与額(2018年分)」


……………………………………………………………………………………………



2020/07/21「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月21日公開のニュースは
テレワーク設備を新たに導入した場合に活用できる、税制上の優遇措置

私が経営する会社では、このたびの新型コロナウイルス感染症に伴って発生した
様々な事象を踏まえ、テレワーク設備を新たに導入することとなりました。

 その導入にあたっては厚生労働省の助成金を活用する予定ですが、税制面におい
ても優遇措置が設けられたと聞きましたので、その優遇措置の概要を教えてください。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………


2020/07/20 メルマガ「家賃支援給付金を多くもらうには?」を配信しました。

 家賃支援給付金の申請受付が7月14日から開始されました。
これまでのコロナ支援策のうち「持続化給付金」は多くの中小企業
及び個人事業主の方が申請していますが、今回の「家賃支援給付金」
は給付金額としては持続化給付金の3倍(法人600万円、個人300万円)
で最大級の給付金額です。

このため受付開始前からかなり関心度は高かったです。
持続化給付金は申請受付開始時は申請が殺到しましたが、
今回の家賃支援給付金も早く申請したいと思っている方も多いと思います。

しかし持続化給付金と違い、注意すべき点が多いので、あせって申請しない
ことをお勧めします。
特に給付金額の計算では申請時期を誤ったために、本来であればもっと
受給できたであろう金額が減額されてしまうこともあり得るのです。

続きはこちら→『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』


……………………………………………………………………………………………

2020/07/14「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月14日公開のニュースは支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い

 私は、個人で数ヶ所のスポーツクラブと業務委託契約を締結し、それぞれのスポー
ツクラブでトレーニングの指導を行っています。
 このたびの新型コロナウイルス感染症拡大の影響で業務委託先のスポーツクラブが
すべて休業したため、収入が大きく減少したことから、持続化給付金の申請をするこ
とになりました。

 そこでお聞きしたいのですが、私が持続化給付金を受給した場合、その持続化給付
金は所得税法上どのように取り扱われるのでしょうか。
 なお、各スポーツクラブからの委託報酬については給与として受け取っているため
私は毎年、各スポーツクラブが発行した源泉徴収票に基づいて給与所得を合算し、
所得税の確定申告を行っています。また、その収入以外の収入はありません。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………


2020/07/10 「会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座」を更新しました。

 令和2年の途中で、改正前の寡婦控除適用者が退職した時の給与所得の源泉徴収票
の書き方を教えてください。

【会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座】
「改正前の寡婦控除適用者が退職した時の源泉徴収票の書き方」

…………………………………………………………………………………………

2020/07/07「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

7月7日公開のニュースは
新型コロナウイルス感染症関連で地方独自に支給される給付金と、所得税

 私は愛知県名古屋市内で、個人で税理士事務所を経営しています。
 このたび、名古屋市の新型コロナウイルス感染症関連の独自給付(ナゴヤ新型
コロナウイルス感染症対策事業継続応援金。以下「応援金」とします。)を受給
することとなりましたが、この応援金は、私の事業所得として、所得税の課税対
象になるという認識でよいでしょうか。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………

2020/06/30「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。


6月30日公開のニュースは
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金への、所得税の課税の有無

 私は飲食店を運営する会社に勤務しています。
 このたびの新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、私が勤務する店舗は
4月上旬から5月下旬まで休業を余儀なくされました。
 その間の給料については、会社から「休業手当を支払う」との説明はあった
ものの、資金繰りの都合がつかないらしく、いまだに支払われていません。

 そのような折、国が「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」という制度
を作ったことを知ったのですが、どのような制度でしょうか。制度の概要と、
その支援金に対する所得税その他の税金の課税の有無を教えてください。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………


2020/06/25 「2020年7月のお仕事カレンダー」を更新しました。

 労働保険の年度更新、住民税の特別徴収金額の変更以外に、お中元や暑中見舞い
の準備など通常業務以外の業務が立て込みます。
 新型コロナウイルス感染症の影響も考慮に入れながら、計画を立てて早めに業務
を進めましょう。

「2020年7月のお仕事カレンダー」

……………………………………………………………………………………………

2020/06/23「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

6月23日公開のニュースは「納税猶予制度とクレジットカード納付の併用可否」

 私は個人で飲食店を経営しています。
 確定申告で納付する所得税をクレジットカード納付できると聞いたのですが、
このクレジットカード納付と、納税猶予制度は併用できるのでしょうか。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………



2020/06/16「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

6月16日公開のニュースは
「個人事業を法人成りしても、所得税の予定納税をしなければならないか」

 私は住宅内装業を営んでいますが、昨年途中に個人事業を法人化しました。
 今年に入り、先日、法人の初めての決算を無事に終えて安心していたところ、
税務署から所得税の「予定納税」の通知が届きました。
 事業は法人化したのに、その所得税の予定納税通知書に記載されている税額は、
納付しなければならないものなのでしょうか。

詳細はこちら→「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………



2020/06/15 メルマガ「情報弱者や情報難民にならないためには?」
を配信しました。

緊急事態宣言が解除されて3週間ほど経過しました。
私はこのメルマガ以外でも、私のお客様限定ですが、ここ数ヶ月間
頻繁にメール等で新型コロナウイルス関連の最新の支援情報を発信
し続けていました。

それで感じたのが「情報弱者」や「情報難民」といったキーワードです。
「情報弱者」とは情報資源に満足にアクセスできない人や、
情報を充分に活用できない人を指す俗称のことです。

「情報難民」とはネット上の情報を鵜呑みにしてしまう人や、
情報に埋もれてしまう人を指す造語です。

どちらもちょっと人を卑下した感じがあり、あまりイメージの良い
言葉ではありませんが情報発信を頻繁に行うと
「(こういった人達は)けっこういるなあ。」と感じてしまいました。

それ今回は自分も含めてですが「情報弱者」「情報難民」に陥らないように
何をしたら良いのかお話ししたいと思います。

続きはこちら→『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………

【バックナンバー(メルマガ)】
2020/05/18 メルマガ「業績悪化で役員報酬減額は可能か?」を配信しました。
2020/04/20 メルマガ「続報・新型コロナウイルス緊急対応策」を配信しました。
2020/03/17 メルマガ「新型コロナウイルス緊急対応策」を配信しました。
2020/02/17 メルマガ「お金をヒトに投資する節税 その1」を配信しました。
2020/01/20 メルマガ「お金を投資する節税とは?」を配信しました。
2019/12/16 メルマガ「脱税に手を染めない節税」を配信しました。
2019/11/18 メルマガ「決算前検討会を行わないと?」を配信しました。
2019/10/15 メルマガ「税務調査で威力を発揮する抗弁書とは?」を配信しました。
2019/09/17 メルマガ「税額控除で節税」を配信しました。
2019/08/19 メルマガ「欠損金の選択で節税?」を配信しました。
2019/07/16 メルマガ「3月決算のデメリットとは?」を配信しました。
2019/06/14 メルマガ「事業年度の変更で節税」を配信しました。
2019/05/20 メルマガ「決算書のチェックで節税(損益計算書編)」を配信しました。
2019/04/15 メルマガ「決算書のチェックで節税(負債・資本編)」を配信しました。
2019/03/18 メルマガ「決算書のチェックで節税(資産編)」を配信しました。
2019/02/28 メルマガ「節税の優先順位とは?」を配信しました。 
2019/01/21 メルマガ「9つの節税グループとは?」を配信しました。 
2018/12/17 メルマガ「節税の5W1Hとは?」を配信しました。
2018/11/19 メルマガ「会社にお金を残す節税とは?」を配信しました。
2018/08/20 メルマガ「消費税還付スキームの寿命は?」を配信しました。
2018/07/18 メルマガ「露骨な節税は痛い目にあいます」を配信しました。
2018/04/16 メルマガ「毎日の食費が必要経費になる?」を配信しました。
2018/03/19 メルマガ「ふるさと納税が課税される場合とは?」を配信しました。
2018/02/19 メルマガ「領収書を廃棄したら?」を配信しました。
2018/01/13 メルマガ「相続税の有用な改正です」を配信しました。
 
 
              >>バックナンバー(ブログ・メルマガ)をさらに見る


低料金で充実したサービス内容

市川市法人向け・税務顧問サービス 税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~低料金でありながら、高品質のサービスをご提供します。 設立1期目特典サービス 決算報酬0円 税理士税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~ 設立1期目特典として決算報酬を無料といたしました。 個人事業向け・市川市では高品質の税務顧問サービス 税理士報酬 記帳代行込 月額5,000円~ 個人事業の方も、低料金で高品質の
サービスをご提供します 相続税・贈与税申告、相続手続・相続対策 市川市で相続でお悩みの方、低料金で高品質のサービスをご提供します。

「安いだけのサービスではありません。」高品質なサービス内容一覧

各項目から、詳細をご確認頂けます。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

ありとあらゆる節税対策についての情報を発信するメルマガです。隔週月曜日にお送りします。経営、節税のヒントにお役立て下さい。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』に登録する

 

当事務所のお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ
047-302-8011
受付時間
午前9:00~午後6:00(土日祝祭日対応)



会社設立ひとりでできるもん
 会社設立がネットを利用して簡単にできます。会員登録無料!
合同会社設立ひとりでできるもん 株式会社設立ひとりでできるもん  日本企業支援センター
T-SHIEN  会社設立後のお助け隊 相続対策ナビ

所長プロフィール


税理士 石井 寛 (いしいひろし)

石井所長のFacebookはこちら ↑

過去の記事

携帯サイト


    QRコードを読み取って簡単アクセス