石井税理士事務所 Facebookページ

 

 

【新着情報】~有意義な税務情報を随時お届けしています~

2019/09/17 メルマガ「税額控除で節税」を配信しました。

 今回も「会社にお金を残す節税」をテーマにしたメルマガを配信します。

 会社にお金を残すために、9つの節税グループのうち
「お金が不要な節税」を優先して始めましょう、という話しをしました。
 9つの節税グループとは以下の9つです。

(1)お金が不要な節税
(2)お金が必要な節税
(3)税金そのものを減少させる節税
(4)税金を先送りにする節税
(5)お金を投資する節税(リターンあり)
(6)お金を投資する節税(リターンなし)
(7)お金を消費する節税
(8)当期しか使えない節税
(9)毎期使える節税

 今回は「お金が不要な節税」の「税額控除制度」についてお話しします。

続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………………



2019/09/17 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

9月17日公開のニュースは業務災害休業期間を有給とした場合の所得税の取扱い」 

  当社では、業務災害により従業員が休業している期間については無給とし、労働基準法による
補償を行う旨(実際の給付は労災保険から行います)を就業規則に定めています。

 
  しかし、労災保険による給付は給与の全額ではないことや、人材採用が困難な現状において
従業員の長期定着を図るといった観点から、業務災害による休業期間中については従業員に
特別休暇を与え、その特別休暇期間中の給与については、会社から通常通りの給与を支払う
ように就業規則の変更を行うことを現在検討しています。

 そこでお聞きしたいのですが、仮に、上記のように就業規則を変更して業務災害休業中の
従業員に給与を支払った場合、その給与に所得税は課税されるのでしょうか。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/09/10 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

9月10日公開のニュースは役員を減給処分した場合の法人税法上の取扱い」 

先日、私が経営する会社に対して労働基準監督署の立ち入り調査(臨検)が入り、未払い残業
代の支払いを含めた、いくつかの是正勧告および是正指導を受けました。


この処分は経営成績や従業員のモチベーションに著しい悪影響を与えることから、社長はじめ
役員一同がその責任を取り、向こう3ヶ月間、各人の役員報酬を20%減額することを取締役会で
決議しました。 

ところで、法人税法上、年度途中で役員報酬額を変更した場合には、法人税法上の経費(損金)
に算入できる金額に影響があると聞いたことがあるのですが、本件ではどのように取り扱われる
のでしょうか。


詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/09/10 「会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座」を更新しました。

軽減税率が発生しない請求書を発行するときは、従来の様式で問題ありませんか?

 【会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座】

「軽減税率でなければ請求書は従来のままでいいですか?」

……………………………………………………………………………………………………

2019/09/03 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

9月3日公開のニュースは役員に支給する通勤手当は役員給与に含まれるのか」 

このたび、我が社では交通費の支給規定を改正し、従業員だけでなく役員に対しても通勤手当
を支給することとなりました。この通勤手当について

①法人税法上の役員給与に含まれるのかどうか

②所得税が課税されるのかどうか

を教えてください。
なお、通勤手当の支給基準は一般従業員と同様であり、その額は所得税法上の非課税通勤費
の範囲内であることを申し添えます。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………

 
2019/08/27 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

8月27日公開のニュースは消費税・軽減税率導入後の価格表示方法2」 

私は個人でレストランを営んでいます。
当店の売上高の内訳は、店内飲食によるものがほとんどを占めていますが、ごく一部、常連客の
要望に応じてデザートを持ち帰り用として販売しています。

今年10月1日の消費税率引き上げ以後は、店内飲食と持ち帰り用デザートに適用される消費税
率が異なるため、価格表示方法を変えなければならないと聞いたのですが、ほんの少ししかない
持ち帰り販売のために価格表示方法を分けるのは、費用対効果の面から考えて非合理的だと
思っています。
さらに、持ち帰り用デザートについては、別途、保冷剤等の費用が生じることから、
店内飲食より採算が良くありません。

そこで、店内での価格表示方法については税率10%による表示のみとし、持ち帰り用デザートの
税抜価格を、店内飲食の税抜価格より実質的に引き上げたいと考えていますが、この方法は、消
費税法その他の法令上、何か問題があるでしょうか。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/08/25 「旬の特集」を更新しました。

8月25日公開のテーマは「データでみる青色事業専従者1人当たり平均給与額」 

今年2月に国税庁から、所得税に関する調査結果が発表されました。
ここでは、その調査結果から、2017(平成29)年の事業所得者の青色事業専従者1人当たりの
平均給与額をみていきます。


詳細はこちら→ 「旬の特集」

……………………………………………………………………………………………………



2019/08/25 「2019年9月のお仕事カレンダー」を更新しました。

9月は台風シーズンです。防災や安全対策の見直しを図るとともに、納期遅れ等のトラブルに
備えた整備(取引先への連絡手段、代替手段など)もしておきましょう。


「2019年9月のお仕事カレンダー」


……………………………………………………………………………………………………



2019/08/20 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

8月20日公開のニュースは1年で8,920億円の投資効果 中企庁発表」 

事前に認定を受けた計画に基づき一定の設備投資を行った場合に、優遇税制の適用を
受けられる場合があります。
たとえば、昨年6月6日から施行された生産性向上特別措置法に基づき認定を受けた、
「先端設備等導入計画」に記載された設備投資を行った場合の優遇税制として、
“固定資産税の特例措置”があります。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」


……………………………………………………………………………………………………



2019/08/19 メルマガ「欠損金の選択で節税?」を配信しました。

今回も「会社にお金を残す節税」をテーマにしたメルマガを配信します。

会社にお金を残すために、9つの節税グループのうち
「お金が不要な節税」を優先して始めましょう、という話しをしました。
9つの節税グループとは以下の9つです。

(1)お金が不要な節税
(2)お金が必要な節税
(3)税金そのものを減少させる節税
(4)税金を先送りにする節税
(5)お金を投資する節税(リターンあり)
(6)お金を投資する節税(リターンなし)
(7)お金を消費する節税
(8)当期しか使えない節税
(9)毎期使える節税

今回は「お金が不要な節税」のうち、欠損金に関連するお話しを二つします。
自社の法人税申告書をご用意ください。

続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………………

【バックナンバー(メルマガ・ブログ)】

2019/07/16 メルマガ「3月決算のデメリットとは?」を配信しました。
2019/06/14 メルマガ「事業年度の変更で節税」を配信しました。
2019/05/20 メルマガ「決算書のチェックで節税(損益計算書編)」を配信しました。
2019/04/15 メルマガ「決算書のチェックで節税(負債・資本編)」を配信しました。
2019/03/18 メルマガ「決算書のチェックで節税(資産編)」を配信しました。
2019/02/28 メルマガ「節税の優先順位とは?」を配信しました。 
2019/01/21 メルマガ「9つの節税グループとは?」を配信しました。 
2018/12/17 メルマガ「節税の5W1Hとは?」を配信しました。
2018/11/19 メルマガ「会社にお金を残す節税とは?」を配信しました。
2018/08/20 メルマガ「消費税還付スキームの寿命は?」を配信しました。
2018/07/18 メルマガ「露骨な節税は痛い目にあいます」を配信しました。
2018/04/16 メルマガ「毎日の食費が必要経費になる?」を配信しました。
2018/03/19 メルマガ「ふるさと納税が課税される場合とは?」を配信しました。
2018/02/19 メルマガ「領収書を廃棄したら?」を配信しました。
2018/01/13 メルマガ「相続税の有用な改正です」を配信しました。
 
 
                          >>バックナンバー(ブログ・メルマガ)をさらに見る


低料金で充実したサービス内容

市川市法人向け・税務顧問サービス 税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~低料金でありながら、高品質のサービスをご提供します。 設立1期目特典サービス 決算報酬0円 税理士税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~ 設立1期目特典として決算報酬を無料といたしました。 個人事業向け・市川市では高品質の税務顧問サービス 税理士報酬 記帳代行込 月額5,000円~ 個人事業の方も、低料金で高品質の
サービスをご提供します 相続税・贈与税申告、相続手続・相続対策 市川市で相続でお悩みの方、低料金で高品質のサービスをご提供します。

「安いだけのサービスではありません。」高品質なサービス内容一覧

各項目から、詳細をご確認頂けます。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

ありとあらゆる節税対策についての情報を発信するメルマガです。隔週月曜日にお送りします。経営、節税のヒントにお役立て下さい。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』に登録する

 

当事務所のお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ
047-302-8011
受付時間
午前9:00~午後6:00(土日祝祭日対応)



会社設立ひとりでできるもん
 会社設立がネットを利用して簡単にできます。会員登録無料!
合同会社設立ひとりでできるもん 株式会社設立ひとりでできるもん  日本企業支援センター
T-SHIEN  会社設立後のお助け隊 相続対策ナビ

所長プロフィール


税理士 石井 寛 (いしいひろし)

石井所長のFacebookはこちら ↑

過去の記事

携帯サイト


    QRコードを読み取って簡単アクセス