石井税理士事務所 Facebookページ

 

 

【新着情報】~有意義な税務情報を随時お届けしています~


2020/05/19「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

5月19日公開のニュースは「特別定額給付金への所得税の課税の有無」

 先日、私の住む市町村では「特別定額給付金」の申請受付が開始されました。
 1人当たり10万円の給付が受けられるとのことだったので、早速申し込みをし、
現在は役所からの振り込みを待っている状態です。

 そこでふと心配になったのですが、この特別定額給付金に所得税が課税される
ようなことはないでしょうか。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………



2020/05/18 メルマガ「業績悪化で役員報酬減額は可能か?」を配信しました。

 新型コロナウイルスの影響で「役員報酬の減額をしたい」とのお問い合わせを
複数頂いております。
そこで今回は「業績悪化による役員報酬の減額」についてお話ししたいと思います。

質問)
「新型コロナウイルスの影響で業績が悪化し、期中ですが役員報酬の
 減額をしたいと思っています。可能でしょうか?」

続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………



2020/05/12「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

5月12日公開のニュースは「消費税の会計処理方法の違いによる、法人税額への影響」

 私が経営する会社では、このたび、従業員の勤怠管理用に新たにタイムレコーダー
を購入することとなりました。
 その価格は、1台あたり280,000円(税抜価格)で、5台購入予定です。

 このタイムレコーダー購入について、法人税法上の「中小企業者等の少額減価償却
資産の取得価額の損金算入の特例」の適用は受けられますか。
 なお、当社の消費税の会計処理方法は、すべての取引について税込経理方式を採用
しています。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………



2020/05/10 「会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座」を更新しました。

 新型コロナウイルスの影響により、休業手当の支給や特別の有給休暇を取得
させたことによる賃金支払いの課税関係について教えてください。

【会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座】
「新型コロナウイルスの影響による休業手当や特別の有給に係る課税関係」

…………………………………………………………………………………………

2020/05/05 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

5月5日公開のニュースは
「新型コロナウイルス感染症の影響により受給する雇用調整助成金と、法人税」

 私は飲食店を運営する会社を経営しています。
 当社は、このたびの新型コロナウイルス感染症の影響により休業を余儀なくされ
たため、従業員を全員休ませ、労働基準法にしたがって休業手当を支給しています。

 この休業手当の支給について、厚生労働省の「雇用調整助成金」を受給するため
の手続きを現在進めていますが、この雇用調整助成金を受給した場合、その助成金
額は法人税法上どのように取り扱われるのでしょうか。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………


2020/04/28 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。


4月28日公開のニュースは
「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)」

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、緊急経済対策が4月7日に閣議決定
されました。その後、一部修正がなされ、同月20日に変更後の緊急経済対策が閣議
決定されています。

 ここでは、閣議決定された税制措置について、ご案内します。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」
……………………………………………………………………………………………


2020/04/25 「2020年4月のお仕事カレンダー」を更新しました。

 ゴールデンウィークの休みだけでなく、新型コロナウイルス感染症の影響により
休業や在宅勤務を余儀なくされた事業者あるいはそのような取引先がある事業者は
日単位で資金繰りの計画を立てましょう。

「2020年5月のお仕事カレンダー」
………………………………………………………………………………………


2020/04/25 「旬の特集」を更新しました。

新年度の始まりである4月は、新卒採用を行った企業にとっては新入社員を迎える
季節です。ここでは、初任給に関するデータを産業や学歴別にご紹介します。

詳細はこちら→ 「2019年の産業・学歴別の初任給」

……………………………………………………………………………………………


2020/04/21 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

4月21日公開のニュースは
「新型コロナウイルスによる業績悪化を受けての役員報酬減額改定と法人税」

私は楽器レンタル業を営む会社(9月決算)を経営しています。
 このたびの新型コロナウイルス感染症の影響により、3月以降の各種演奏会
が軒並み中止・延期となった結果、3月の売上高は前年同月比で70%も減少し、
今後さらにこの減少傾向が続くことが見込まれています。

 このままでは会社が存続できないため、臨時株主総会の決議を経たうえで
私の役員報酬を急きょ50%減額したのですが、この場合、減額前・減額後
それぞれの役員報酬支給額は、法人税法上の損金となるのでしょうか。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」

……………………………………………………………………………………………



2020/04/20 メルマガ「続報・新型コロナウイルス緊急対応策」を配信しました。

 今回は「新型コロナウイルス緊急対応策」の続報です。
緊急融資・助成金・給付金の最新情報を発信しますのでご参考ください。
今回は皆様から問い合わせが多い給付金の最新情報を中心にお伝えします。

その前に基本的なことですが、今回の緊急対策では国の支援として主に
以下の手段が講じられていますが、お金を返すものと返さなくて良いもの
があります。まずその線引きを明確にすると良いでしょう。
・融資→返済必要(もらえない・ただし今は無利子)
・助成金→もらえる(ただし手続きが面倒)
・給付金→もらえる(まだ始まってない・手続きは簡素化予定)
・補助金→もらえる(ただし手続きが面倒)

◆持続化給付金
 4/13(火)付で経済産業省からリーフレットがアップされました。
 下記ご参照ください。

「持続化給付金に関するお知らせ」
 https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

「持続化給付金に関するよくあるお問い合わせ」 
 https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-qa.html

「持続化給付金に関するお知らせ、よくあるお問い合わせの動画」 
 https://www.youtube.com/watch?v=r2h035U4lcI&feature=youtu.be


続きはこちら→ 『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

……………………………………………………………………………………………



2020/04/14 「やさしい税務会計ニュース」を更新しました。

4月14日公開のニュースは
「毎年110万円以内の贈与でも、贈与税が発生してしまう場合とは」

 私は今年から、現金で毎年110万円ずつ、子に贈与をしたいと考えています。
 その贈与にあたって、毎年贈与契約書などの書面を整備するのは事務作業が煩雑
なため、例えば、最初の贈与時点において「今後毎年110万円を、20年間にわたっ
て贈与する」というような贈与契約書を子と取り交わし、その後の各年の贈与につ
いては、その贈与契約書にもとづいて行おうかと考えています。

 このような方法について、税法上の問題があれば教えてください。

詳細はこちら→ 「やさしい税務会計ニュース」

…………………………………………………………………………………………


【バックナンバー(メルマガ)】

2020/03/17 メルマガ「新型コロナウイルス緊急対応策」を配信しました。
2020/02/17 メルマガ「お金をヒトに投資する節税 その1」を配信しました。
2020/01/20 メルマガ「お金を投資する節税とは?」を配信しました。
2019/12/16 メルマガ「脱税に手を染めない節税」を配信しました。
2019/11/18 メルマガ「決算前検討会を行わないと?」を配信しました。
2019/10/15 メルマガ「税務調査で威力を発揮する抗弁書とは?」を配信しました。
2019/09/17 メルマガ「税額控除で節税」を配信しました。
2019/08/19 メルマガ「欠損金の選択で節税?」を配信しました。
2019/07/16 メルマガ「3月決算のデメリットとは?」を配信しました。
2019/06/14 メルマガ「事業年度の変更で節税」を配信しました。
2019/05/20 メルマガ「決算書のチェックで節税(損益計算書編)」を配信しました。
2019/04/15 メルマガ「決算書のチェックで節税(負債・資本編)」を配信しました。
2019/03/18 メルマガ「決算書のチェックで節税(資産編)」を配信しました。
2019/02/28 メルマガ「節税の優先順位とは?」を配信しました。 
2019/01/21 メルマガ「9つの節税グループとは?」を配信しました。 
2018/12/17 メルマガ「節税の5W1Hとは?」を配信しました。
2018/11/19 メルマガ「会社にお金を残す節税とは?」を配信しました。
2018/08/20 メルマガ「消費税還付スキームの寿命は?」を配信しました。
2018/07/18 メルマガ「露骨な節税は痛い目にあいます」を配信しました。
2018/04/16 メルマガ「毎日の食費が必要経費になる?」を配信しました。
2018/03/19 メルマガ「ふるさと納税が課税される場合とは?」を配信しました。
2018/02/19 メルマガ「領収書を廃棄したら?」を配信しました。
2018/01/13 メルマガ「相続税の有用な改正です」を配信しました。
 
 
              >>バックナンバー(ブログ・メルマガ)をさらに見る


低料金で充実したサービス内容

市川市法人向け・税務顧問サービス 税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~低料金でありながら、高品質のサービスをご提供します。 設立1期目特典サービス 決算報酬0円 税理士税務顧問報酬 記帳代行込 月額9,400円~ 設立1期目特典として決算報酬を無料といたしました。 個人事業向け・市川市では高品質の税務顧問サービス 税理士報酬 記帳代行込 月額5,000円~ 個人事業の方も、低料金で高品質の
サービスをご提供します 相続税・贈与税申告、相続手続・相続対策 市川市で相続でお悩みの方、低料金で高品質のサービスをご提供します。

「安いだけのサービスではありません。」高品質なサービス内容一覧

各項目から、詳細をご確認頂けます。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』

ありとあらゆる節税対策についての情報を発信するメルマガです。隔週月曜日にお送りします。経営、節税のヒントにお役立て下さい。

『「あらゆる節税対策を紹介する」メルマガ』に登録する

 

当事務所のお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ
047-302-8011
受付時間
午前9:00~午後6:00(土日祝祭日対応)



会社設立ひとりでできるもん
 会社設立がネットを利用して簡単にできます。会員登録無料!
合同会社設立ひとりでできるもん 株式会社設立ひとりでできるもん  日本企業支援センター
T-SHIEN  会社設立後のお助け隊 相続対策ナビ

所長プロフィール


税理士 石井 寛 (いしいひろし)

石井所長のFacebookはこちら ↑

過去の記事

携帯サイト


    QRコードを読み取って簡単アクセス